女流建築家と家族のくらし
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日銀旧広島支店 | main | 十字架塗り替え >>
ソープフィニッシュのメンテナンス再考
ソープフィニッシュのメンテナンス方法を変えてみました。
それはおどろくほど簡単な「雑巾がけによる3ステップ」
この方法で大きな効果が得られることがわかりました!

試行錯誤でお手入れ方法を模索してきましたが、
サンダーをかけたり、サンドペーパーを当てたりしてきた
これまでの苦労はなんだったのかと思うくらいの驚き!

仕上がりはとても爽やか!
新築時の感動がよみがえりました。
これで安心してソープフィニッシュを皆様に提案できます。

WENNEX ソープフィニッシュ
3月にソープフィニッシュを開発された佐賀県の関光さんが、
僕たちの家のソープフィニッシュの現況を視察に来られました。
ちかごろの家庭では掃除機だけで床掃除を済ませるお家が多く、
最近の子ども達は雑巾掛けをしたことがない子が多い。
「こちらでは水拭きをしていますか?」と聞かれて、
「そんなことをしたらシミになったりするのが怖いのでしていません。
うちももっぱら掃除機です」と答えました。
実はこの言葉がずっと心に残っていまして、
勇気を出して雑巾掛けをしてみることにしました。

3ヶ月振りのメンテナンス。
ダイニングの廻りは特に食べこぼしや油染みなどが多い。


今回のテーマは雑巾掛け。
1.水拭き:あまり固く絞ってない水気をたっぷり含んだ雑巾で、
     半ばこするように拭き、表面の汚れの層を洗います。



雑巾がしっかり汚れを吸い取ってくれます。
この雑巾は水洗いだけできれいになります。
(残ったソープが雑巾を洗ってくれる)


2.乾いたらソープフィニッシュA液を薄めて
 たっぷり含ませた雑巾で拭きます。
3.さらに乾いたら同じ要領で
 B液を薄めてたっぷり含ませた雑巾で拭きます。

※ポイントは、3ステップいずれも雑巾を固く絞らない事。
 水滴がかろうじてぽたぽた落ちないくらいに、
 本当に軽〜く絞るのがコツ

たったこれだけの3ステップで、きれいな仕上がり表面です。
しかも途中のどこで中断・再開しても跡が残りません。



これまでの苦労は間違っていたようです。
雑巾掛けというのは原始的な手法だけど、なかなか良い。
COMMENT









Trackback URL
http://aki-goto.jugem.jp/trackback/114
TRACKBACK